会長挨拶

2018~2019年度国際ロータリーの会長はバリー・ラシン氏であり,国際ロータリーのテーマは「BE THE INSPIRATION」です。
「THE」は,ザではなくジと発音するはずです。
また「INSPIRATION」は,通常使われる「ひらめき」という意味ではなく,もっと広い概念で「鼓舞する」「動機付ける」「精進する」などといった意味だそうです。
日本語に訳すのが難しいことから,そのまま「インスピレーションになろう」というのがテーマとされています。

また当クラブが所属する2670地区のガバナーは新居浜ロータリークラブの桑原征一氏であり,地区運営方針は「共に考え,共に行動しよう!」です。
「!」が入るようです。
問題は,何を共に考えそして行動するかですが,
①各クラブのあり方
②2670地区との関係
③国際ロータリーとの協力
だそうです。

いずれのテーマも大上段に構えたものですが,クラブ運営の方向性を示すものとしてこの1年間心に留めておこうと思います。
そのうえで,私が当クラブで皆様にお願いしたいテーマは「自由と協力」です。
奉仕の精神を全うするためには,まずは自由でなければなりません。
義務をあまりにも前面に出してしまうと,窮屈で仕方ありません。
ただ,自由と言っても好き勝手していれば良いというわけではなく,当然協力が必要となります。
会員皆様の心温まるご協力を是非とも宜しくお願いします。

当クラブは,創立以来57年目となり,私が生まれるよりも前から存続する由緒正しい伝統あるクラブです。
その誇りと伝統を永続的に次世代にも伝えていきたいと思っております。
今のところ本年度に目新しいことをやってやろうとは考えておりませんが,思い付いたことがあればその都度提案しようと思います。
継承と変化のバランスを考えていきたいと思います。

何よりも,私は当クラブのアットホームな雰囲気が大好きです。
ピリピリとした重たい雰囲気よりも和やかで寛ぐ雰囲気の方が良いに決まっています。
当クラブが戦いに疲れた会員の皆様の憩いの場になれば嬉しい限りです。
そうなれば,考えが甘いかもしれませんが,懸案の会員増強の問題も少しは解消され得るのではないかと思います。

クラブ運営は,いろいろなことに手を広げすぎるのではなく,足場を固めて着実に進めていきたいと思います。
宮野隆史幹事とタッグを組んで尽力して参りますので,ご指導・ご協力の程宜しくお願い致します。

会長氏名

  • ロータリークラブPOP